トップページ > 専門部会について > がん登録専門部会 > 活動実績 > コロナ速報版『がん登録で見る愛媛県のがん診療 2020年診断』報告 on line meeting

専門部会について

がん登録専門部会:活動実績コロナ速報版『がん登録で見る愛媛県のがん診療 2020年診断』報告 on line meeting

コロナ速報版『がん登録で見る愛媛県のがん診療 2020年診断』報告

愛媛県がん診療連携協議会・がん登録専門部会は、毎年発刊している『がん登録で見る愛媛県のがん診療』に関し、2020年データをコロナ禍のがん診療への影響と、がん診療の現状や今後への課題を考える上で重要な情報と考え、2021年(令和3年)10月11日にオンライン報告会で速報しました。
その際の報告動画と、資料を提示します。

 

 

 

 

 

       ↑報告動画(外部サイトへ遷移します)        ↑スライド資料(PDF:3.5MB)

 

愛媛県下のコロナ禍のがん診療の影響を解説

この資料では、コロナ禍に愛媛県の各がん診療病院のがん診療はどう変化したか、患者・住民はどう行動したかを反映するデータを解説しています。

住民・一般医療関係者向けの解説

出来るだけ簡単な説明を心がけています。院内がん登録の正式な用語使用法や厳密な解釈を避け、一般住民および医療者向けに出来るだけわかりやすく報告します。

最も信頼性の高い院内がん登録データを利用

院内がん登録とは、有資格の腫瘍登録士が各病院のがん診療を登録するもので、最も信頼度の高いがんのデータベースであるとされています。今回のデータは、愛媛県がん診療連携協議会に所属する全がん診療病院の院内がん登録をまとめたもので、愛媛県のがん診療の大部分を反映しています。

日本初の地域のがん診療情報

他都道府県に先駆けた、日本最初の県単位の集計値公表です。
また、県を超えるがん患者の移動が少ない愛媛県の特性から考えて、今回の速報値はコロナ禍の日本のがん診療の縮図としてとらえることも出来るのではないかと考えています。

 

<資料・使用スライドの一部抜粋>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

閲覧、リンクの拡散は自由ですが、二次利用に関してはご相談ください。
がん登録専門部会事務局<519-ml-cr★mail.hosp.go.jp ※★を@に変えてください。>

 

コロナ速報版『がん登録で見る愛媛県のがん診療 2020年診断』報告 on line meeting

コロナ速報版『がん登録で見る愛媛県のがん診療 2020年診断』報告 on line meetingを2021年10月11日(月)14:00から行いました。
事前登録不要です。
専門用語を避け、一般住民および医療者向けに出来るだけわかりやすく報告します。
当日はこちらよりご入場ください。

日時:2021年10月11日(月)14:00から
※報告会は終了いたしました。たくさんのご参加ありがとうございました。